高校星歌劇[スタミュ] 3rdシーズン


情報

画像:
高校星歌劇[スタミュ] 3rdシーズン

他の名前:
Starmyu 3rd Season

ジャンル:
[ 音楽 ] [ 学校 ] [ 人生のひとこま ]

あらすじ:
第1期 音楽芸能分野の名門校・綾薙学園(あやなぎがくえん)に入学した星谷悠太は中学の時、雨が降る無人の野外ステージでただひとりミュージカルを演じたこの学校の生徒に憧れていた。彼が目指すのは入学後に別選考で進む花形コースで、憧れのミュージカルスターも所属していた「ミュージカル学科」。しかしここに入る為には学園のミュージカル学科3年生のうち成績優秀者が所属する「華桜会(かおうかい)」の指導を受けられる「スター枠」に入るのが近道であった。星谷は候補生オーディションで華桜会の異端児・鳳樹に見出され、同じように彼にスター枠として選ばれた那雪透、月皇海斗、天花寺翔、空閑愁とともに「team鳳(チームおおとり)」としてミュージカル学科を目指す。が、素人同然の星谷以外のメンバーは演劇の才はあるがそれぞれが抱えた問題で候補生に残ることすら覚束ない。スター枠の落ちこぼれと称されるteam鳳だったが、前向きに努力し続ける星谷を中心に少しずつチームはまとまり、同じ目標に向かって足並みを揃え始める。しかし、華桜会の首席・柊翼によって選ばれた辰己琉唯、申渡栄吾、戌峰誠士郎、虎石和泉、卯川晶の5名からなる「team柊(チームひいらぎ)」との実力差は歴然で、星谷の中にも焦りが生じる。一人で背負い込みかけていた星谷だったが、仲間たちに支えられ、チーム全員で候補生オーディションを勝ち抜こうと誓い合い、5人はteam鳳のリーダーとなった星谷を中心に再スタートを切った。 迫る第二次選考「新人お披露目公演」を前に鳳の提案から他とは異なるアレンジを取り入れることになったteam鳳は衣装問題に悩まされながらも、なんとか無事に公演を終える。が、綾薙学園の伝統を傷つけかねない前代未聞の課題曲「アヤナギ・ショウ・タイム」のアレンジが問題視され、team鳳はピンチに立たされる羽目に。しかし、それすらも見越していた鳳の策略によって学園の生徒の大多数を味方につけたteam鳳のパフォーマンスは評価され、辛くも新人お披露目公演を突破する。 第二次選考を勝ち残った10組の中に入り込んだteam鳳は最終選考となる「綾薙祭」を突破し、晴れてミュージカル学科入りを果たそうと公演に向けて準備を進める。一方で華桜会の一人・暁鏡司は綾薙学園の伝統、そして柊をも脅かしかねない鳳を排除するべく水面下で動き始めていた。同じ華桜会の楪=クリスチアン=リオンと漣朔也を巻き込み、綾薙の伝統が脅かされつつあることを訴えた暁に同調した彼らは鳳の華桜会脱退を柊に進言する。苦渋の選択を迫られた柊は、かつて祖父・柊宗厳によって引き離されてしまった双子の兄・鳳と再び離れ離れになることを拒み、鳳にteam鳳の綾薙祭への出場辞退を命じることで彼を華桜会に残そうと企てる。が、自身よりも教え子を選んだ鳳は柊との別れを選択してしまう。 鳳の華桜会脱退によってスター枠から一般枠へと降格させられたteam鳳はスター枠と一般枠との違いを実感しつつも、変わらずミュージカル学科入科に向けて忙しい日々を送り続ける。一時は天花寺の映画撮影、月皇のアンサンブルオーディション、空閑のバイトとすれ違いを感じることもあったが、目指す場所は揺らぐことなく、team鳳は前に進み続けた。しかし、鳳が突然居なくなってしまったことに未だ気持ちの整理がついていない星谷は鳳が自分たちのために居なくなった事実を知り、責任を感じてしまう。立ち止まりかける星谷だったが、team鳳の想い、自身の夢がその程度のものだったのかという鳳の問いかけに夢の実現のためにチーム全員で綾薙祭のステージに立つことを選び、鳳の元から巣立つ決意をする。 数々の困難を乗り越え、ついに綾薙祭当日を迎えたteam鳳。が、台風で野外ステージが倒壊し、一般枠のテストが延期になってしまう。延期となれば来場客に自分たちのステージを観てもらう事は叶わない。諦めきれないteam鳳は周囲に協力を頼み、ゲリラ公演実施のために動き出すが、team鳳の動きを警戒していた暁によって撤収命令を下されてしまい、再びピンチに陥ってしまう。しかし、暁に屈することなく自分たちのステージをやりきろうとする星谷らteam鳳に突き動かされたteam柊や楪、漣ら生徒たちの協力もあり、team鳳は無事にゲリラ公演を成功させる。 多くの来場者から注目を浴び、票を集めたteam鳳は晴れてミュージカル学科入りを果たした。 第2期 無事ミュージカル学科への合格を果たし、2年生に進級したteam鳳は鳳ら華桜会が主役を務める卒業記念公演「Shadow&Lights」において共演を許され、以降は学科のエリート枠扱いとされる「2年生育成枠」5名を選抜するオーディションに挑む事となった。華桜会首席のチームに与えられる「スター・オブ・スター」の肩書きを持つteam柊、育成枠オーディションに有利な指導を受けてきた揚羽陸と蜂矢聡を擁する「team楪(チームゆずりは)」、ポテンシャルの高さ故に何事においても本気になれずにいる北原廉と南條聖が所属する「team漣(チームさざなみ)」、そして「team暁(チームあかつき)」と、同じ華桜会メンバーの指導を受けてきたスター枠が競い合うライバルとなる中、育成枠の選抜および特別指導者として華桜会OBからブロードウェイにいる月皇遥斗を除いた魚住朝喜、早乙女律、双葉大我が「アンシエント」として派遣される。未熟な星谷をカバーするべく、難易度の高い役柄を月皇と天花寺で固めることで育成枠を狙うteam鳳。アンシエントの一人・魚住に目をつけられてながらも、代役として出演した中等部の舞台で素晴らしい演技力を見せた星谷は次第に周囲から認められるように。一方で最も難易度の高いアレクシスの影役のオーディションを受けることになった月皇はスランプに陥り、兄・遥斗へのコンプレックスから意地になっていることをアンシエントに見透かされ、星谷と役のコンバートを提案されてしまう。遥斗への捨てきれない憧れと憧れを越えたい一心から一時はチームメイトとの間に溝が生じてしまうも、前に進むことを決意した月皇は役のコンバートを受け入れ、team鳳は改めて育成枠オーディション合格を目指すことに。 しかし、ブロードウェイから帰国した遥斗の提案で行われた鳳ら前・華桜会との合同稽古合宿で星谷はアンシエントから稽古への不参加を言い渡されてしまう。代わりに星谷に与えられた役割は主役・ランバートを演じる柊のサポートだった。ひょんなことから憧れの高校生の正体が鳳であったことに気付いた星谷は夢だった憧れの人との共演を叶えるべく持ち前の前向きさで柊のサポートについて回る。一方、遥斗に憧れを抱いていた揚羽は完璧に模倣してみせた遥斗が演じたアレクシスの影を本人に全否定されて引きこもってしまう。アンシエントからの重大発表でチーム戦から一転、育成枠オーディションが個人戦へと移り変わる中、練習への不参加はオーディションにも大きな影響を残しかねない。周囲の心配を他所に部屋に引きこもったままの揚羽を「Shadow&Lights」に登場するアレクシスと重ねてしまった星谷はランバートがアレクシスの心の扉を叩いたように本音で語り合おうと彼の元を訪ね、その閉ざされてしまった心を開け放ち、同じ夢を持つ仲間であり、同じ役を受けるライバルとして揚羽との絆を深めた。 合宿も終わり、遥斗がブロードウェイに帰る頃にはアンシエントによる特別指導も大詰めを迎える。育成枠オーディションの合格者には月皇、天花寺、空閑、辰己、卯川の5名が発表され、惜しくも落選してしまった星谷。だが、アンシエントから続けて発表されたのは柊のブロードウェイデビューとそれに伴う卒業記念公演への出演辞退だった。柊の後任としてランバート役に指名される星谷。が、クライマックスの歌唱で突然歌が歌えないスランプに陥ってしまい、夢を叶えることに恐怖を覚え始める。そんな星谷に柊は自身もまた鳳に憧れを抱き、同じようにその背中をずっと追いかけてきたことを打ち明け、同じ思いを抱いていたからこそ後任として推薦したことを明かす。柊の思いを知った星谷は彼の分までランバートを演じきることを誓い、自身の進むべき道を選んでブロードウェイへと旅立っていった柊を見送った。 そして迎えた本番当日、星谷は卒業生の大舞台を台無しにしまいと座長を任された身として緊張感を持ちながらも、これまでの練習を信じて舞台に立つ。しかし、順調かと思われた矢先に起こったアクシデントで星谷が奈落で怪我をしてしまい、続行不能な状況に追い込まれてしまう。クライマックス目前で交代を提案される中、憧れの鳳との共演をどうしても諦めきれない星谷をなんとか舞台に立たせようと那雪や揚羽が魚住の説得を試みるも、クライマックスの演技に支障が出てしまう以上、降板は時間の問題に。間近に迫っていたはずの夢が遠のいていく中、絶望の淵に立たされた星谷に手を差し伸べたのは鳳だった。柊が今しか出来ないことを選んだように、今の星谷と舞台に立つことを望む鳳。怪我の痛みすら忘れてしまうほどの鳳の言葉に奮い立たされた星谷は再び舞台に立ち、ついに憧れの高校生との共演を果たす。 卒業記念公演を無事に終えた星谷はミュージカル俳優を目指す、新たな夢を叶えるべく再び夢へと続く一歩を踏み出し始めた。 第3期 トラブルに見舞われながらも卒業記念公演を成功させた2年MS組は夏季休暇を終え、2学期最初のイベントとなる綾薙祭のクラス公演の準備に取り掛かろうとしていた。指導者の力を借りることなく自分たちの力だけで作り上げる最初で最後のクラス公演。チームの垣根を越えて一つのカンパニーとなったteam鳳、team柊、team楪の揚羽と蜂矢、team漣の北原と南條は最高のステージにしようと意気込みを見せる。しかし、新たな華桜会による学園改革によってteam柊が華桜会プロデュースの新企画「オープニングセレモニー」に出演することになってしまう。華桜会の指示によってクラス公演を辞退せざるを得ない状況に追い込まれるteam柊。一方、残されたメンバーはteam柊を欠いてクラス公演を行うか否かの選択を迫られる。が、どうしても14人でのクラス公演を諦めきれない星谷は自分たちのクラス公演を取り戻すべく、揚羽、北原と共にカンパニー全員でオープニングセレモニーに出演させてほしいと華桜会に願い出る。

おすすめアニメ:
押忍!!空手部
チャージマン研!
ラディアン
スペースバグ
あまんちゅ!あどばんす
ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」
侍霊演武[ソウルバスター]
GATCHAMAN CROWDS insight(インサイト)
星界の戦旗 II
ノブナガ・ザ・フール
超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION
デジモンテイマーズ 暴走デジモン特急
H2[エイチ・ツー]
ローゼンメイデン
君に届け
創聖のアクエリオン
ウルヴァリン
妖しのセレス
アミテージ・ザ・サード POLY-MATRIX
ジョジョの奇妙な冒険
さくら荘のペットな彼女
BUZZER BEATER
科学忍者隊ガッチャマンII
旗揚! けものみち
私、能力は平均値でって言ったよね!