アルプスの少女ハイジ アルムの山編


情報

画像:
アルプスの少女ハイジ アルムの山編

他の名前:
Alps no Shoujo Heidi: Alm no Yama-hen

ジャンル:
[ ドラマ ] [ 歴史的 ] [ 人生のひとこま ]

あらすじ:
1歳で両親を亡くし、5歳になるまで母方の叔母のデーテに育てられたハイジは、デーテの仕事の都合で、アルムの山小屋にひとりで住んでいる、父方の実の祖父であるおじいさん(アルムおんじ)に預けられることになる。ヤギ飼いの少年ペーター、ペーターのおばあさんなどの人々。子ヤギのユキちゃん、おじいさんが飼っている犬のヨーゼフやヤギのシロ・クマ、樅の木を初めとした、大自然に生きる動植物達。厳しくも優しく、懐の深さを感じさせるアルプスの大自然。何より、共に暮らすおじいさんを通じ、ハイジは様々なことを知り、学び、健やかに育っていく。 だが、ハイジが8歳になったある春の日、デーテが再び山を訪れ、ハイジをフランクフルトの貿易商・ゼーゼマン家に連れていくと言う。デーテに騙されフランクフルトへ向かってしまったハイジ。ペーターやペーターのおばあさんは悲痛な声をあげるが、おじいさんにはどうすることも出来なかった。 フランクフルトでハイジを待っていたのは、足が不自由で体の弱い少女・クララとゼーゼマン家の人々であった。執事のロッテンマイヤーはハイジを愛称でなく本名のアーデルハイドと呼び、厳しい躾や勉強を強制、アルムの話題を禁止する。クララやゼーゼマン(クララの父)、おばあさま(クララの祖母)、クララの主治医、使用人のセバスチャンなど、心の支えはあったものの、ハイジはなかなかフランクフルトでの生活に馴染むことができないが、あまりアルムのことを口にするとクララが心配するため、アルムへの切ない思いを無理に押し殺すようになる。 やがてハイジは、アルムの故郷を思うあまりにホームシック(強い帰宅願望)にかかり、それによる夢遊病の状態となってしまう。ハイジを診断したクララの主治医は、ただちにハイジをアルムへ帰す様に指示する。こうして、ハイジは夢にまで見たアルムの山へ帰れることになった。 アルムの生活ですっかり元気になったハイジのもとへ、クララからの手紙が届く。ハイジが是非来てほしいと願っていたアルムへ、クララが行きたいと言う内容であった。クララは静養を目的として滞在することになったが、おじいさんとハイジに促され歩く練習を始める。

おすすめアニメ:
エイトマン AFTER
帝王攻略
デ・ジ・キャラット
ゆらぎ荘の幽奈さん
GODZILLA 決戦機動増殖都市
僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 OVA
戦国鳥獣戯画
響け!ユーフォニアム「吹奏楽部の日常」
アオハライド
劇場版 HUNTERxHUNTER THE LAST MISSION
GJ部@
快感 フレーズ
フロムアイズ ~もうひとつの夏の物語~
夜桜四重奏 ~ホシノウミ~
一騎当千: Great Guardians
ミス・モノクローム -The Animation-
北斗の拳
俗・さよなら絶望先生
はじめの一歩 -Champion Road-
ネオアンジェリーク Abyss
おやゆび姫物語
元気爆発ガンバルガー
BEASTARS
バトルスピリッツ サーガブレイヴ
装甲騎兵ボトムズ 幻影篇