時効 民法


「寺本康之の民法Ⅰ ザ・ベスト プラス」ポイント講義 #08 時効(1)

時効期間は、時効により得喪変更される権利の種類に応じて様々である。

日本の民法は、時効期間の経過のみによって自動的に権利関係が変動するのではなく、加えて援用を要件としている。

民法709条に当たる時効 時効は民法724条により損害を知った時から3年とありますが この損害を知った時という文面について教えて下さい。

民法508条について 離婚をめぐり、双方に過失があった場合の民法508条(時効により消滅した債権を自働債権とする相殺)の適用について質問致します。

民法改正に伴う時効の変化について ニュースで民法の大改正が実施されると聞きました。

特に債権の時効が10年から5年になると聞き、様々な訴訟にも多大な影響が出るのではないかと懸念しています。

民法総則)。

このような点から、財産法は以下のように構成されている。

しかし近年はフランス民法を土台にした法解釈の方が有力となり始めている。

だが改正民法で消滅時効が原則5年に延長されると、労働者保護をうたう労基法の消滅時効のほうが短くなる。

一般法の民法より労基法が優先されるため、賃金債権の消滅時効は2年のまま変わらなくなる。

ウィキペディア に民法 の記事があります。

ウィキソース に民法 があります。

知人より2005年3月10日「あなたは卑怯だ」と言われた。

この知人に対して民法710条に基づく慰謝料請求または謝罪の要求を考えている。

不法行為の消滅時効について 基本的なことで恐縮なのですが・・・不法行為の消滅時効と「催告(民法153条)」についてです。

時効 健康保険の現金給付を受ける権利は、受給する権利を取得した日(時効の起算日は下表参照)から2年を経過したときに時効により消滅します。

2民法上、1授権表示によるもの、2代理権踰越によるもの、3代理権消滅後の三つの類型がある。

9条件・期限 1条件 2期限 10時効 1時効一般 ☆時効制度が必要な理由を述べよ。

民法724条に当てはめて時効を考えると下記のようになります。

当事者が時効の援用をしないと、時効の効果(権利の取得や消滅)は、発生しません。

民法145条「時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない。

そして権利の変動(所得や消滅・移転など)原因となる法律行為や時効などについての規定が含まれます。

なお、個人間での金銭の貸し借りは民法の規定によって10年で時効を迎えますが、商取引における債権の時効は商法によって5年と定められています。

なお、時効期間ギリギリに請求書が届いて、6か月以内に裁判をすると、そのときに時効期間が経過していても、時効が中断することになります(民法153条)。

刑法と民法の時効の違いについて お世話になっております。

非常に初歩的な質問で恐縮です。

相手を刑法の詐欺罪・傷害罪で告訴し、同時に民法の不法行為で提訴することを考えていました。

なお、不法行為による損害賠償請求権の消滅時効・除斥期間について民法は下記のように規定しています。

もっとも住民票を異動していない間に債権者が支払督促や判決を得ていることもあり得るので、その場合には、下記民法の規定により消滅時効期間は10年ですので注意を要します。