奈良 酒粕


うまもん漬物 奈良漬 塩漬け後、 酒粕に漬けます! 【山口県岩国市】

登酒店は奈良県天理市で奈良の地酒を中心に、各地の日本酒、焼酎等の販売をしている地酒屋(酒店)です。

11★奈良★ 梅乃宿酒造 利き酒・酒粕パック体験 清酒発祥の地・奈良にある、120余年の歴史を誇る蔵元「梅乃宿」で、利き酒や利き水を体験していただきます。

清酒の発祥の地である奈良は、その工程で出る酒粕を使い奈良漬を生み出しました。

当時は「かすづけ」と呼ばれていましたが、「奈良漬」と呼ばれるようになったのは江戸時代。

奈良をアピールする味覚7品を創作しています。

奈良のうまいもの。

サバや鮭の鮨を柿の葉で包んだ郷土料理。

酒粕に野菜を漬け込んだ漬物。

国指定伝統的工芸品。

倭鴨も奈良県産。

旨みと愛情たっぷりの贅沢鍋。

もっと見る 奈良県の文化・スポーツ 奈良県の代表的な食文化に、酒粕を使った奈良漬け、保存性のある柿の葉寿司、夏場は冷やして食べる茶粥などがあります。

奈良漬け発祥の地であり市内でも製造販売されている。

酒粕を使って漬けられている為比較的アルコール含有量が高く、下戸の人に食べさせると酔っ払ってしまう。

奈良は清酒発祥の地です。

お酒を作る時にでる酒粕を用いて作る和菓子です。

酒粕もどんな酒粕を使うかによって変わってきますが、こちらでは今西清兵衛商店の酒粕を使っています。

奈良漬 野菜(うりやきゅうりなど)を塩漬けにした後、新しい酒粕に漬け替えて作る漬け物。

ルーツは平城京時代にあり、当時は上流階級の保存食・香の物として珍重されていました。

やっぱりグルメ。

奈良県の全39の市町村がそれぞれ、地域伝承、自慢の温かい料理“あったかもん”を持ち寄るという。

日本酒や酒粕を使ったスイーツも味わえる酒蔵カフェ 奈良県宇陀をブラブラしながら、ランチのあとはこの酒蔵カフェに立ち寄りました。

ここが、子どもが食べられない綿菓子があると噂の綿菓子店「パンバピピ」。

ドネードゥーガトー」の共同開発商品。

奈良漬の酒粕に由来する健康の維持・増進に役立つ成分、そして奈良漬、酒粕の塩分、水分、甘み、独特の風味をうまく利用し最大限にいかしたお菓子。

奈良の伝統食・茶粥が味わえる茶粥御膳2,160円 松の古木を眺めながら明日香鍋や酒粕を使った一品を。

少し濃い目に感じるトッピングだが氷と一緒に食べると、ちょうどいい。

さすがだ。

そして3種の内、特に「甘酒氷」は奈良に来たら是非とも食べてほしい一皿。

フォアグラに奈良漬を合わせてあったり 元酒造の酒蔵をリノベーションしたお宿なので日本酒に因んだメニューも。

酒粕に漬け込んだお豆腐は大和肉鶏と共に。

粕漬けのルーツは奈良漬なんですね~ 酒粕 酵素パワーを最大限に生かした奈良漬 奈良漬って年代物になればなるほど炭のように真っ黒なんです。

奈良をコンセプトにしたフレンチ。